雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 諏訪山 ひとつ上へ
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
ぞれぞれの流儀

あなたの中のこだわり、業者のこだわり。

あまり聞きなれない言葉になるのでしょうが、建築の業界では 職人さんを「町家(または町場)の職人」と「野帳場の職人」と分けて呼ぶことがあります。
簡単にいえば「町家」は いつも私たちが町中で その仕事を見れるような仕事で、「野帳場」は一般的にいえばクレーンなどが立った「建設現場」のことです。【業者のタイプ】の中で紹介した(仮の)HPで その度合いを測ってみましょう。
町家的色彩
但し 右端は野帳場
野帳場的色彩
しかし 最近では町家も兼ねることが多い。
だいたいの雰囲気を感じていただければわかるように、「町家的色彩の強いホームページ」は一般のお客様の方を向いてつくられている傾向が強く、「野帳場的」なものは 別のルートの仕事(受注先が建築会社や役所、管理会社など)なので、説明が専門的になったりで素人向きではないようなものが多いようです。
ですから、ここで第1段階の分別ができるかもしれません。

町家の仕事

町家の仕事をしている会社、そのルーツを考えてみましょう。

昔は それぞれの町に棟梁と呼ばれる大工の元締めのような人がいて、その町の建物のことなら棚板一枚ほどのことでも知っていた…というような時代があったそうですが、残念ながら私どもがこの仕事を始めさせてもらった頃には もう中小の工務店もありましたし、大手の建設会社も存在していた時代です。
しかし、今でも 町々に その土地に根付いた工務店などがあり、その町の住人との間で建物の新築や修理を行っているお店があります。
これがベースです。
次に 近ごろ多くみられるリフォーム店。
これは、建設会社などで腕を磨いた技術者が独立開業してのもの、専門業者から業種の範囲を広げてリフォーム全般を扱えるようになったもの、全くの別ルートからの参入業者など様々です。
ほかに、専門業者として独立した業者が 町家専門の工事店になったもの、などがあります。

町家の職人

野帳場の職人が その仕事に特化する分、新しい材料や新しい技術に触れる機会も多いのですが、町家の職人は少々難しい状況が生じても今までの工法をなんとか駆使してやりとげてしまうので技術的には旧来の工法を踏襲することが多いといえます。
しかし このことは 新しい工法や技術を使う危険を避ける意味から考えれば あながち非難されるようなことではないとも考えられます。
ハズレのない工事、ということでとらえてもいいことかもしれません。


関西工業所 発注から工事まで 業者の種類 業者のタイプ 野帳場 ひとつの結論


 町家の職人・・もどき

 
時に、野帳場をこなしている職人の口から「町家の仕事」などと 侮蔑的なニュアンスの言葉が聞かれることがあります。
これは、とくに『震災直後の復旧工事』そのあと物議を起こした『リフォーム詐欺』などでの工事の出来具合を見た《野帳場の職人》の言葉などにあるようで、まぁ 簡単に言えば「とんでもない仕事」のことを言います。
『専門的な知識』のかけらもない、ほとんど素人集団の仕事です。
しかし、こんな仕事でも『素人』である『お客様』は、一応の体裁が整ったものであればお金を払ってしまいます。
そんな工事のやり直しの工事が最近 私共の店などにも『相談』として持ち込まれてきます。

これは 自身の専門的な職業意識を大事にする職人さんにとって、歯がゆい・許せない仕事ですが、こんな『作業』を『仕事』と思って疑うこともない輩が 今でさえ存在していることもまた否めない事実なのです。

彼らは「野帳場の職人」にも「町家の職人」にもなれない「職人もどき」なのです。

  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップへ