雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 神戸市灘区の空 ひとつ上へ
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
プロの仕事

  どのように
 考えたら?
 
 ラーメンなら 食べ歩きをして 気に入ったお店を探す、というのも楽しみと言えるのでしょうが、「やらせてみなければ わからない。」というのが ほんとうのところの『業者選び』はなかなかやっかいなところが多い仕事です。
これが正解!ということではありませんが、私たちの 今考えた『良い工事』の選び方を書いてみます。参考になると思うところだけ読んでください。

候補者選び

 
    その建物を建てた建築会社や工務店と 今も良いお付き合いがあるなら、これが第1候補(「候補」です。「決定」ではありません。)
近所・知り合いに「その土地で長く住んでおられる、評判の良い工事店」があるなら、それが第2候補。
費用対効果を重視するなら「専門店」。工事の規模・性質などを考慮して候補者を見つけてください。
訪問販売は原則として 話を聞かない。とにかく 聞かない。
(個人宛でない)チラシ・郵便物は情報収集に利用。
短期的に(TVなどで)大広告をしている業者は疑問。
そんな業種ではありません。

専門的な知識

 
    次に どれくらいまで工事の知識が必要か、ということを考えてみましょう。
「工事の知識がなければ、詐欺まがいのだまされ方をするので、工事のことを もっと知ってください。」ということを主張しておられるページもあるようですが、なかなか難しいことだと思います。
普通のひとがPCを選ぶときでも、CPUがいくらで、メモリーが…、くらいの知識、あとはメーカーと金額、くらいになってしまうことが多いのでは?

 では、
 何から
 始めたら・・。
 
 

 見積もりから
読み取るもの

 
見積書の項目を読んでも工事のことはわからないのが普通です。また 同じように専門店の工事であっても、同じ品名・同じ工法であっても、同じ(品質の)工事にならないことがある業界のなかで、せめて、見積(および付帯資料)から伝わってくる「誠意」を読み取りましょう。(見積の読み方見積の見方U 参照)

工法に対する質問

その次にすることは、「工法に対する質問」です。
工法の引出し
たくさんある材料・工法の中から なぜその材料・工法を選んだのかをたずねてみましょう。
むつかしい理屈はわかってもわからなくてもいいのです。
あなたの財産に対して どのように考えたのかを聴いてみましょう。
簡単すぎる選択では ちょっと淋しい感じもしますから。
その工法に関する実績はどのくらいあるのか、とか 他にどんな方法があるのかとか 、なぜこの工法を選んだのかとかを聴いてみましょう。
できれば、何年か前に その工法で施工した物件があれば、現在の状態を見せてもらいたいものです。
(自動車をカタログだけで購入する人は少ないでしょうから。)(・・・「見本」だけでは不十分なことが多い「見本」と「実物」は違うのが当然。)
 
できること、できないことがあるとは思いますが、そんな話の中で、業者の姿勢も感じることができるでしょう。
しかしながら、(言葉は悪いのですが)どんなに厳重なセキュリテイをしていても、泥棒に入られる時はあるもので、「これで安心!」というわけではありません


関西工業所 発注から工事まで 業者の種類 業者のタイプ 町家 ひとつの結論

  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップへ