雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 ポートタワー
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
関西工業所ヘのメール

日曜大工の感覚で、雨漏りの修理や塗装をやってみよう!
そう お考えの方もおられることでしょうから、みなさまが工事をする場合 知っておかれた方がよいと思うことを少し書いてみましょう。
一番大事なことは『安全』。

 あとは、
 無理しない範囲を
 ゆっくり時間をかけて、
 ていねいに。

毎日 いろんな現場を見させていただいていますが、プロが施工したとおっしゃる工事でも 私たちの経験から判断して疑問符を付けざるを得ないような状況に出くわすことが 多々あります(例ー下の写真を見てください)。
 
それを 経験の少ない(あるいは、無い)方がするのですから、「あまり上手にできなくてもいいけど 間違わないようにさえできればいい!」くらいの気持ちでやってみるのがいいと思います。
次に、工事をする範囲ですが、これは 最初はできるだけ小範囲にしぼってやってみましょう。
ひとつひとつ成功を重ねていきましょう。そうすることで、自信も生まれ、また 限界も見えてくるかと思います。(道具ひとつ取っても プロ用は違うのですから…。)

プロになくて あなたたちに有る(べき)もの、それは「時間」です。
プロの仕事では、ある程度 生産性が必要です。
そうでなければ、お客様に費用面で迷惑をかけてしまいます。
しかし、ご自分の建物を直すのに 生産性を意識しなくてもいいのでは、と思います。
震災のあと、『プロ』にお願いして工事してもらった
プロの仕事?というベランダです。
復興事業で専門店が忙しかったとはいえ、どうしたら
こんな工事ができるのだろうと思うほどの出来栄え(?)
です。

でも、幸運にも今まで雨漏りがなかったので、お施主様は
こんなものかな?と思われていたそうです。
  
雨漏りの修理・・・その前に原因追究
「時間」を武器に
プロの推理に挑戦しよう。

いろんなホームページで「雨漏りの原因を見つけるのは難しい」と書かれています。
実際、原因を見つけるのが かなり困難な場合もあります。
難しさの原因は、原因を頭の中だけで考えることに因します。
「雨漏り」を職業にしている人の頭の中には、数多くのデータファイルが収められているのでしょうから、プロが「難しい」という場合は、「常識外のこと」が建物におこっているのでしょう。
それは 彼の経験知に無いことであったり、その時より以前に(見えない部分で)「常識外の工事」が行われていたり、「常識外の動き」があったということでしょう。
これを頭の中だけでやろうとしたらシャーロックホームズ並の推理力が要るかもしれません。

皆さんは建物の構造や各職方の仕事に対する知識量にも限りがあることでしょうから、このような【推理による原因探求】は ほどほどに、【実験的探究】で原因を探してみましょう。
まず、 水が漏ってもいい準備(今 雨漏りと・・・の最小限の被害、参照)をしておいて
 雨漏り調査             (地面に一番近い)低い部分から、水をかけていきましょう。

あせらず、範囲をわけて(ときどき 中休みをするくらいの感じで)かけてみてください。
(下からかけるのは、上からやってしまうと その下側全部が原因になってしまうから。隙間・継ぎ目・ひび割れ、あなたの推理力で調べてみましょう。)

  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップ