雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 岩屋から三宮方面を ひとつ上へ
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
関西工業所は何ができるか

構造クラック    専門家(?)が ひび割れを説明するときに 「構造クラックだから手当が必要、コンクリートに収縮は付き物だから 収縮クラックについては仕方がない、ヘアークラックは放置しておいてよい。」などと言うのを聞いて、「そんなものなのだ。」と納得するのですが、「それで良かったのか?」という視点で もう一度考え直してみましょう。 収縮クラック 
『ひび割れ』を問題にするとき、多くは コンクリートについて話すことが多いのですが、『ひび割れ』なのですから いろいろな部材に発生するのは当然で、建築物に関していえば コンクリート・モルタル・プラスティック・金属・木材など あらゆる部材に見られる現象といえます。
ここでは、日ごろ 私達が目にしやすい 建物の外壁や屋上の コンクリートとモルタルなどを例に『ひび割れ』を考えてゆきます。

   木造住宅外壁のひび割れ

 木造住宅の外壁もいろいろあって、昔は 壁を左官屋さんが土壁で作っていたりしたものですが、その後多くの部材で外壁が作られてきました。
外壁がモルタルで仕上げられている場合のひび割れの多くは、モルタルの乾き方の差異による 施工初期のひび割れ、または それの進行したもの、気温の変化を受けての伸縮によるものと思われます。
これも、在来の工法ですと 防水紙を貼った上にラスという網状の金物を貼り、それを支えにモルタルを塗ってゆくので、ラスに欠陥がない場合、「雨漏り」に関しては「ひび割れ」は そんなに影響があるものではありません。
ただ、長年 このまま放置しておきますと、内部のラスが錆びて モルタルの拘束力が無くなることは考えられます。

次に、最近の ボードなどの板を貼った上に施行されたモルタルに入ったひび割れについていえば、(いろんな下地材があるのですが)これらの場合の多くは 下地材の動きによって生じており、ひび割れというよりもむしろ 下地材に生じた隙間と考えた方がよいようなもので、場合によっては 漏水の原因になることもあります。

修理の方法は、ひび割れのシール(動きの予測される場合は、Uカットなどシールの質量を増やす工夫も合わせて考えて)で行うのが良いでしょう。しかし、そのまま その上に塗材を重ねるのは、シールの痩せが後で目立ってきますので、工夫が必要です。
また、壁が大きく傷んで段差が出来ているような場合は、下地から破損している場合が多いので、その部分を取り除いて 再施工を考えるのが良いと思います。

   コンクリート造外壁のひび割れ

 コンクリートのひび割れの場合、建築関係の人は ひび割れを その位置や形状などで、「構造クラック」「収縮クラック」「ヘアークラック」などのように分類しています。
最近では「耐久劣化のクラック」という名前で呼ばれるひび割れも多くなりました。

また、実際に 工事をするときには ひび割れの幅によって工法を分けることが多く、【0.2mm】【0.5mm】を境として工法を区別することが多くなっています。

でも、ほんとうに大事なことは、原因や形状による分類ではなく、「ひび割れの性質」を知って それに応じた修理方法を見つけることです。分類はそのためにあるべきものですが、ある程度工事の基準を決めなければ工事はできませんので そんなシステムになっているのでしょう。 一般の方々にはあまり関係のない話です。

問題は「クラック」を直さなければならない本当の理由を知ることです。
クラックと構造物の強度の問題。クラックとコンクリートの爆裂・崩落の関係。

中性化→鉄筋の腐食→亀裂の増大→崩壊 のメカニズム
コンクリートは本来アルカリ性です。
そのことが鉄筋を腐食から守っています。
経年とともに空気中の炭酸ガスによって徐々に中性化してアルカリ性が損なわれてゆきます。
すると鉄筋の腐食が始まり、膨張変形が起きコンクリートの爆裂に至ってしまいます。
右下図のようにひび割れ(0.3mm以上といわれています)が伴うとその部分からも中性化が進んでゆきます。
コンクリートは圧縮強度は大きいのですが、引張強度は内部の鉄筋などの鋼材に負担させていますので、鉄筋の腐食による脆弱化は建物の耐久性を損ないます。 
コンクリートの中性化   ひび割れと中性化

  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップへ