雨漏り塗替えの専門店 関西工業所

 神戸市中央区の空 ひとつ上へ
    全国の降雨状況
神戸の降雨状況
 予報  週 神戸の週間天気予報
プロの仕事

      ひび割れ          直すべき?
 人の顔の(シワ)があるように、建物にひび割れができるのは避けがたいことのようです。
建築の専門家でも、建物に亀裂を見つけると、多くの場合、シーリング材などを充填(じゅうてん)して それを(ふさ)ごうとするのですが、なぜそんなことをしなければならないのかをきちんと考えて工事をしている人は そんなに多くないのかもしれません。
    では ひび割れって、どれくらい 悪者なのでしょうか?
  ひび割れは建物にどのような悪影響を与えるのでしょうか?
「雨・風が入る」「その部分から躯体や意匠が崩れる」などの『困った状態』が想像されると思います。
では、それはどんなひび割れでも同じなのでしょうか?
身近に感じる ひび割れによる悪影響を挙げてみましょう。

● 天井や 外壁にはいったひび割れから雨がしみ込んできた。
● ひび割れが進んだ部分のコンクリートが爆裂して、鉄筋が露出しており 危険なのではないか?
● 壁にはいったひび割れから白い鍾乳石のような固まりが出ており見苦しい。
● 床にはいったひび割れが段差になって、歩行に支障をきたす。
● 震災の後、隣の部屋の物音がよく聞こえるようになった。間仕切り壁に ひびがはいったのだろう。
  
多くの場合、生活に支障が生じることで修理を考えるのですが、『美観』という理由での工事もあります。
ただ、私達が感じるところは、このあたりの理由が鮮明でないまま 適当に工法が選択されていると思えるのです。
    コンクリートの躯体のひび割れの補修方法
● シール材のすり込み・ベタ打ち
● U(またはV)カット・シール工法
● 低圧樹脂注入工法    など
 ※ 最近の商品で、ヘアークラック用の
   簡易補修材として開発されたものもあります。
クラック シーリング クラック補修すり込み クラック補修Uカットシール 目地クラック補修ベタ打ち
 工事の目的(類推) 雨漏り補修(?)  漏水補修  漏水補修  塗装下地工事として
 工事内容  シーリング材ベタ打ち  ウレタンシーラント摺り込み  Uカットシーリング(ポリサル)  シーリング材ベタ打ち
 美観  × ▲  ×  △ 
 コメント DYI の工事でしょうか?
ひび割れがなんとなく気味悪くなっての工事なのかもしれませんね。
モルタルの中のラスの腐食を遅らせる効果はあったのかも知れません。 
ひび割れに外壁と同色のウレタンシーラントを充填しているのですが、暴露したままだったので、経年劣化でボロボロになってしまいました。ウレタンシーラントには保護が必要です。  左と同じ現場。
ひび割れをUカットしてシーリング材の被着面を大きくとる工法ですが、シーリング材が剥き出しになっていて、目立ちます。 
シールの上に塗装したのですが、シール材と塗材の相性が良くないので、シールの跡が浮き出てしまっています。ノン・ブリード系のシール材が出来る以前の工事だったのでしょうか。
 
 辛口こめんと  ナシ。  材料に関する知識不足  目的優先???  材料の選択ミス
 多くの場合、設計図書には ひび割れの幅に応じて工法が決められています。
それは、おおむね間違った選択ではないのですが、ほんとうのところは 工法は ひび割れの性質によって決められるべきなのです。工事を実行することと 管理することの間に微妙な隙間が生じるときがあります。
このあたりを臨機応変に対応できる知恵が 職方にも管理者側にもあれば、もうすこし良い工事になると思う場合もあります。     
    亀裂に関する豆知識
   


  雨漏り調査・雨漏り補修・外壁劣化度診断・塗り替え時期など 防水・塗装のことなら、お気軽にご相談ください。
TEL. (078)341-1019 関西工業所  FAX.(078)341-1774 
   神戸の街で   雨漏り・塗り替え工事の専門店。 
   〒650-0025 神戸市中央区相生町5丁目17番12号
 プライバシー  サイトマップ     このページのトップへ